4・5歳男子の知育遊び☆脱テレビ!を目的に試したハマる室内遊び

 

ちゃみ
4~5歳くらいの男の子たち、おうちでどんなことして遊んでますか?

 

テレビばっかりになったりしていませんか?我が家のように…。

テレビ大好きな子どもに、少しでも頭や手先指先を使った遊びの楽しさを知ってほしくて、いろいろな知育遊びを試してみました。

かるた、まちがいさがし、ブロックなどなど…。

反応がよかったものをご紹介します。

スポンサーリンク

テレビばかりで室内遊びのパターンが少ない

うちの4歳長男は体を動かすのが大好き!

 

外遊びをこよなく愛しているのですが、家に帰ってくると、テレビばかり。

1時間でも2時間でもぶっ続けで平気で見てられます。

それか仮面ライダーごっこ(戦いごっこ)か、遊んでもトミカくらい。

 

ちゃみ
室内遊びのパターンの少なさには懸念がありました。

 

保育園では、年少クラス。

室内遊びのバリエーションも変化してきて、車や電車などののりもの、ブロックなどを遊びもなくなったようで、
工作、お絵描き、パズル、絵本、かるたなどの遊びが中心。

 

あきらかに長男が好きな遊びではないなぁと思っていた矢先、
「長男くんはあまり室内遊びで楽しめているものがなさそう」と先生に言われてしまいました。

ちゃみ
こちらが楽だから…とテレビばかり見せていた自分を責めました。

 

何か室内で、暴れずに静かにできるもので、興味を持って遊べるものを見つけてあげたい、と思い、
色々と検討して、知育によさそうなものをいくつか購入し遊ばせてみました。

スポンサーリンク

長男の性格・好きな遊び

うちの子こんな感じの男の子です。

  • 外遊び大好き
  • 負けず嫌い
  • 長い時間集中するのが苦手
  • 戦い大好き(仮面ライダー大好き)
  • テレビ大好き
  • めんどくさがり
  • ひとり遊びが苦手
  • 手先を使うものが苦手
  • のりもの大好き

 

ちゃみ
似たようなお子さんをお持ちのママに、特に届いてほしい!

ハマった知育遊び

かるた

ハマった度 ★★★

だんだんとひらがなが読める子が増えてきた年少クラス。

「うちもどうかな?」とひらがなのワークをやらせようと思ってもうちの子は興味を示しません。

ならば!と、楽しみながらひらがなの練習にもなりそうな、かるたを買ってみました。

 

興味をもってもらいやすいように、かるたも長男が好きなディズニーをチョイス。

 

もし好きなキャラクターなどが特になければ、この「たべものかるた」オススメです。

すごくリズム感のいい読み札で、食べ物という親しみやすいテーマなのもいいですね。

ちゃみ
ママ友からもよくおすすめされますよ。

 

かるたは私が読み札を読んで子どもが取るので、私も一緒に遊ぶ必要があるのはちょっと大変なところではあります。

 

ただ、読んで取らせるだけだと、絵を見て取るので、正直ひらがなの練習にはなりませんでした。

なので、ちょっと工夫して、取り札を取ったら「なんていう字だっけ?」と聞いてみたり
読み札を読む前に子どもに見せて「これと同じひらがなの取り札を見つけてみて♪」
とやってみたりしました。

ちゃみ
どれも子どものやる気をそがない程度に…汗

 

うちの子はめんどくさがり屋ですぐやる気なくすので、盛り上げながら楽しさ重視で。

 

しばらく続けていくと、自分の名前に入っているひらがな含め、ほんの数個ですがひらがなが読めるようになりましたよ。

神経衰弱

ハマった度 ★★★★★

家にあるトランプでもUNOでも何でもいいのですが、神経衰弱ならこの年齢でも楽しめます。

まだ数字が読めなければ、神経衰弱用のカードも売られていますよ。

 

トランプを全部広げるとかなり難易度上がるし、時間もかかって集中力切れそうなので、うちは半分の量くらいでやっています。

相手が必要なので、親が一緒に遊んであげる必要がありますが、負けず嫌いの長男はすんごい集中してカードの場所を覚えて、めくってきます。

記憶したカードがマッチしたときの喜びが大きいみたいで、どんどんやりたがります。

”好きはものの上手なれ”って言いますが、息子はこれかなり強いです。

ちゃみ
私も下の子見ながらやっていたらふつーに負けました(苦笑)。

ミッケ

ハマった度 ★★

児童館などでたまに興味を示していたので購入してみました。

 

ミッケは、写真の中に隠されているモノを見つける絵本です。

ウォーリーを探せに似ていますね。

シリーズ化されていて、様々なミッケが出ているので、ハマれば何冊でも楽しめますよ。

ポケット版もあります▼

 

 

探すものが幼児には結構難しいことばも多く(例:ネジ、ロッキングチェア、めんぼうetc)、語彙を増やすいい練習にもなります。

知らない単語があると、「語彙を増やすチャンス!」と説明しようとするものの「もぉーわかんないから次!」と言われたりしますが(苦笑)。

 

また、「カエルを5匹みつけて」というような指示もあるので、数を数える練習にもなるかと思います。

 

ミッケをやってみると、少しの時間だけですが、集中して探してはいます。

見つかるとすごく喜ぶし「次!次!」となるのですが、

逆になかなか見つからなかったりすると、つまらないと感じるのか、すぐ飽きてしまい、ぽーいです。

1回にやるのは1ページくらいですかね(汗)。

 

ちゃみ
ちょっと難易度が高かったかなぁ?

もしそんな風に感じたら、ミッケで探すもの以外にも、親が見つけるのが簡単そうなものを指定する、という遊び方もできるので、難易度は調整しやすいですね。

 

すぐ飽きるわりには、また後日「ミッケやろ!」と本を持ってくるので、一応楽しいものだと認識してくれているようです。

まちがいさがし、めいろ

ハマった度 ★★★★

めいろやまちがいさがしは、無料でダウンロードできるワークもたくさんあって、いくつか印刷して渡してみたのですが、ハマらずだったのであきらめていたのですが、

ママ友から「カラーで、好きなものだと食いつきいいよ!」と聞いたので、カラー版でなるべく息子の好きなものが含まれている迷路やまちがいさがしの本を探してみました。

 

まちがいさがしには、オールカラーのこちらの本を▼

昆虫やのりものなど色々なジャンルが入っていてありがたい1冊。

絵もポップでかわいいし、難易度もかんたんなものから難しいものまであって4歳でも楽しめてます。

難易度よりも、とくかくたくさんまちがいがある方がすぐに見つけられて集中力が続くのでオススメ。

 

のりもの関連が好きなので、この迷路はウケました。

めいろだけでなく、隠し絵や、クイズなどのゲームも織り込まれていて、たくさん遊べる1冊になっています。

ちゃみ
ひとりで遊ばせると、通れないところジャンプしたりするので(苦笑)、やっぱりこれも私も一緒に遊びます。

 

この迷路はシリーズになっていて、のりものの他にも動物、昆虫、恐竜などもあり、子どもの興味に合わせて選ぶことができます。

 

デュプロ

ハマった度 ★★★

4歳であればそろそろレゴデビューの年齢だし、周りのお友達もがっつりレゴにはまっている子がたくさんいます。

 

ですが、うちの子は手先を使った遊びが好きではないし、何かモノを作ることも苦手なので、今さらながら対象年齢低めのデュプロを購入してみました。

マグフォーマーに代表される、マグネット式のブロックもすごく魅力的だったのですが、不器用な息子にはちょっと難易度が高そうだったので、まずはデュプロで。

 

我が家が購入したのは下記の3種類。

 

廃版になってしまったものもあるようで、そういう商品はめちゃめちゃ高価で売られていますね…。

 

乗り物が好きなので、列車や車が作れるセットを意識して選びました。

手先を動かすことが苦手な子なので、デュプロくらいがちょうどよかったです。

 

そしてやっぱりよく遊ぶのは乗り物関連。

汽車をながーくつないでみたり、車を変形させて、タラップ車を作ってみたり。

 

やはり不器用君、乗り物単体で終わってしまい、ブロックを広く展開して大きなものを作ったりするのが苦手。
あとは「ママ作って」って言われるパターン…。

 

私も創造力に乏しい頭が硬いタイプなのでわかるんですが、自分の想像力では限界があって、

人の作ったのを見て「あ、こういうやり方もできるんだ!こういうものも作れるんだ」となるものなんですよね。

 

なので私がおうちとか、お城とかを作ってみたり、見せてあげることで、息子も作れる作品の幅が広がった感じはします。

ちゃみ
お友達がおうちに来た時なんかにも、積極的に一緒にデュプロで遊んでもらって刺激を受けてくれたらいいなと思っています。

テレビ大好き4歳男子がハマる知育遊びまとめ

最近は意識的にテレビを付けない時間を増やし、家の中で頭や手先を使って遊ぶ時間を増やすようにしました。

今回ご紹介した、テレビ大好き、めんどくさがりの4歳男子がハマった知育遊びはこちら

  • かるた
  • 神経衰弱
  • ミッケ
  • めいろ・まちがいさがし
  • デュプロ

自分からはなかなか遊ばなくとも、私からも声かけをして

「これ一緒にやろ♪」と誘うと乗ってきて楽しそうに遊んだりするので、

しばらくは一緒に遊びながらこういう知育遊びを楽しさを知ってもらえたらなと思っています。

 

 

======================================

働き方に悩むママに向けてメールレターをお届けしています。
「会社員を卒業して、子どもともっとゆったり過ごしたい」
「バタバタ、イライラしてばかりの生活は終わりにしたい」
そんな思いに共感して頂けたら、お気軽にご登録ください。
【詳細はコチラ▼】
スポンサーリンク
おすすめの記事